血糖値が気になるけど甘いものが食べたいときにはグレープフルーツ

グレープフルーツをゼリーやシャーベットなどにアレンジ

味としては加工前と同じなのですがゼリーの滑らかな食感とのどごしが、なんとも言えない清涼感を生み出していました。
暑い夏には、最適なデザートです。
あと、夏場のスイーツとして、シャーベットも作ってみました。
シャーベットは果汁を凍らせて細かく砕けばいいだけですが、それだけだと甘さが足りないような気がしたので、砂糖の代わりになる血糖値を上げない甘味料でシロップをつくり甘さを調整しました。
そのおかげで、しっかりと甘いシャーベットになってくれました。
暑くて大量の汗が流れる時期には、体を冷やしてくれたので良かったです。
冬には季節にあった変わった食べ方をしたいということで、ベイクドグレープフルーツをつくってみました。

タベキフに参加する「サラド」さんを紹介します。

メディアでも有名なRed Yellow And Green株式会社の細井優CEOが手掛けるサラダのデリバリー&テイクアウト専門店。

目黒区にお店はあります。
https://t.co/A0LM4T4JHH
どうぞご利用ください#社会貢献 #テイクアウト #ランチ #タベキフ #フードロス pic.twitter.com/voEU5sWgoc

— tabekifu (@tabekifu) July 5, 2019
甘味料とシナモンをふりかけて、オーブンで焼くだけです。
シンプルですが、熱い状態で食べるという経験のないことでしたから新鮮でした。
もちろん、味は想像していたよりも美味しくて、シナモンの香りがいい具合に漂うのも食欲を掻き立てます。
そのように1年を通してグレープフルーツを使った料理を食べていくのは最高の娯楽になりました。
スイーツを我慢していたときのストレスなんて吹き飛んで、次はどんなレシピに挑戦をしようかということで日々が楽しくなりました。
こういう取り組みを、1人だけでなく誰かにも共感して欲しいと思って、ブログにも作った料理を写真付きで掲載してみました。

血糖値が上昇しにくいグレープフルーツをデザートにグレープフルーツをゼリーやシャーベットなどにアレンジ血糖値は今は問題無いがグレープフルーツで凌ぎたい